「エクセルでは経理処理は難しいと思いました。」


少し昔の話になりますが、当時勤めていた会社は小さな会社だったので、経理処理は全て手作業でした。

まだパソコンを自在に使える社員が少なかったのですが、社内研修や自主的な勉強でワードやエクセルといったメジャーなソフトのスキルは徐々に上がっていきました。

そんなパソコンがとても便利そうに見えたのでしょうか、経理部でも経理ソフトを導入する話が持ち上がってきました。

手作業の負担が軽くなるだろうと期待されていたのですが、不慣れなパソコンの経理ソフトは敷居が高いイメージがあり、少しでもなじみのあるエクセルでできないだろうか、という話になったようです。

そしてエクセルでの経理処理が始まって数か月。
私は一般事務担当だったので外から見た印象ですが、本当に大変そうでした。

経理処理は一般の事務処理に比べて複雑な帳票や計算が必要です。
その環境をエクセルで作り上げ、維持することがとても困難だったようです。

もう退職してしまったのですが、今はどうなっているのでしょうか。
数字に強いエクセルですが、やはり専用ソフトにはかなわないのでしょうね。