「エクセルは経理の悩みの種」


経理の仕事をしていていつも思うのが、仕事に使う表や入力シートなどを
作る人を統一してもらえないだろうかということです。

私の会社は、エクセルが得意だという人が数人いて、それぞれオリジナルで表や入力シートを作ってくれるのはありがたいのですが、問題はオリジナルなので癖も強く。

エクセルのスキルが中の下のような私にしてみると、うっかり触ってしまったら先輩の逆鱗にふれそうで本当に怖いのです。

また、エクセルのスキルが高いことの自慢大会みたいになっている一面があり、むずかしいマクロなんか組まれていると、そうそう安易にいじれないことがあります。

これ、何かに似ているなと思ったのですが・・・そう、地雷です。

地雷が埋め込んであるなと思ったら、迷わず先輩に相談です。

安易にいじって表をこわしてしまったら、あとでどんなお目玉を食うかわかりません。
会社がすべての表や入力シートを管理して、マニュアルでも作ってくれていればこんなこともないのでしょうか。

できるだけ経理の仕事の負担を減らして欲しいと思い、会計用のソフトを導入して欲しいと社長に頼んだことがあります。しかし社長は古い人で、パソコンとファックスの違いもいまいちよくわかっていない程度の機械オンチなのです。

「計算用のエクセルを入れているだろう。金勘定をするのに他に必要なものなどあるものか」

と聞く耳も持ちません。電卓世代にはパソコンですら贅沢に感じるようです。

仕方がないので、私はエクセルの勉強をして、マクロを組むことを覚え、作業効率を少しだけ上げることができました。

しかし、所詮は素人の組むマクロです。経理用の専用ソフトを使った時に比べれば、微々たる成果でしょう。本当は専門の会計ソフトがあれば良いのにと思います。