「経理用のエクセルファイル、いま必要なのになぜか読み込まない!」


事務所の引越準備と決算時期が重なったとき、問題が起こりました。

経理としては9月いっぱい戦場なんです。でもいろいろあって、会社ごと引っ越さなければならなくなりました、その9月に。

さいわい、毎日の経理作業はエクセルを使っていることもあって、何の支障もなくすすみました。経理課のパソコンがどんどん運びだされてもデータを移せば、別のパソコンで処理できましたから。

そんななか、今期決算に必要な書類が、新しい事務所に運ばれてしまいました。

それに気がついたのが、9月30日の夜。24時間後には決算書類が出来上がっていなければいけないのに、資料がみつからない。新しい事務所はすでに他部署の荷物もあって、ぐちゃぐちゃです。時間が時間ですから、税理士の先生を含めた経理課全員が、疲労のあまり頭が真っ白になりました。

そのとき、誰かがいったんです。

社長室に、バックアップがあるはずだって。社長用のパソコンに、セキュリティをかけて、全経理データが残してあるのです。すぐに課長が、社長を叩き起こして鍵を開けてもらいました。これで安心と思ったら。

なぜか、そのファイルが読み込めないんです。

エクセルは、こういうことがたまにあるらしいですね。そこにファイルがあるのに、読まないんです。またしても、全員が真っ青。しまいには社内プログラマーを呼びつけて、何とかデータ復旧をしてもらいました。新規ブックをあけて、リンクさせて...と、これ以上はよくわかりませんでしたが、データだけはどうにか復旧しました。

翌日、本当にぎりぎりに決算書類を提出しました。前夜寝ていない社長が、エクセルだから駄目なのか、弥生会計に切り替えるか、なんて、ずっとブツブツ言っていました。それからしばらくはエクセルで処理しましたが、最終的には経理ソフトに切り替えました。社長も、よっぽど懲りたんでしょう(笑)