「IT関係者から見ても難しいエクセル」


今やエクセルで会社の財政状況を把握するのは当たり前の時代になってきましたが、意外に使いこなせてない方が多いようです。

というのも、エクセルの関数やオートシェイプ機能の使いづらさや、ちょっとした行や列の計算などでもパソコン初心者の方にとってはかなり辛い作業になると思います。

平均値を求めるときにわざわざセルを1つずつ指定して、セルの個数分で割っていた方を見かけてなんだかなぁと思いました。

また、社内でのやり取りでエクセルの保存形式が違ってしまったりすると、開けないという状態も起こってしまいます。保存方法の間違いでファイルが破損してしまうこともあり、修復に2時間くらいはかかった覚えがあります。

現金出納帳の記入をしたもので、最終的に印刷しないといけないものだったので、修復をする際はかなり緊張しました。

そういった事態を防げるように、ユーザーのことを考えたツールがあればいいのになと思います。また、個人の給与のリストが消えてしまった時は大騒動になってしまい、数百人分のデータを支払日数日前に急いで作り直すというハメにもなりました。

私の場合は、エクセルでの作業は慣れていますが、慣れていない方はアナログでの記入の方が早いので、それに負けないくらいのツールがあればいいなと思います。

キーボードの入力も難しい方が現在の会社にも居るので、アナログで一通り書いた後、スキャニングしてデータをセルに自動的に入力なんて機能もあったら便利ですね。パソコンは普及してきていますが、ある程度の年代をこえてしまうと、途端に使えなくなる方が多く、上司が頭を抱えていました。