「エクセル会計データの完全電子化」


最近では、データの電子化ということが言われていますので、どこの会社でも、紙のデータから電子化に移行していると思います。
しかしながら、データの電子化をした場合には、当然の事ですが、電子化したデータをきちんと管理しておく必要があります。
また、特に、経理関係のデータは、最近では、エクセル会計で処理をすることが多く、その場合には、小さな会社の場合には、パソコンに保存していることが多いのではないかと思います。

しかしながら、管理職、経営者層から見た場合には、このようなパソコンによるエクセル会計を使っていると、時々、不便に感じることがあります。

というのは、経理関係のデータを紙に出さないで、電子データで保管したり、処理したり、閲覧したりしていると、管理職、経営者層が、いざ、パソコンに保管されている経理関係のデータを見ようと思っても、担当者がいないと、どこに保管しているのかということも分からないということがあります。

また、特に、パソコンにあまり詳しくない管理職、経営者層の場合は、全くお手上げということになります。
そのため、管理職、経営者層によっては、エクセル会計処理したデータを、一旦、紙に出して保管しておくということが必要になり、データの電子化がなかなか進まないということになります。
しかしながら、管理職、経営者層がパソコンを自由に使いこなせる年代になれば、そのような心配もなくなるので、エクセル会計のデータも完全電子化に移行するのではないかと思います。