「エンドユーザーから見たエクセルの欠点」


正直、管理職の立場としてはかなり迷惑だったと言わざるをえません。

マイクロソフト社の「オフィス」製品は会社の業務をこなす上で必須のソフトです。

特に、表計算ソフト「エクセル」は会計ソフトの定番です。世界中の企業で高いシェアを占めており、我が社でも昔から導入されております。

しかし、エクセルは便利な反面、エンドユーザーにとってはいかんともしがたい不便さも孕んでいます。私が経理に所属していた頃に感じたエクセルの欠点について幾つか言及したいと思います。

まず、エクセルは高機能である分、非常に動作が重いソフトと言えます。起動だけでなく処理全般が遅いのはスピードを要求される会社の経理ソフトとしては大きな欠点です。

特に、会社の低スペックのパソコンではグラフの3D処理に時間がかかるので、データを自宅に持ち帰って作業しなければならないことが多々ありました。

社内でエクセルを使用する場合、サーバーに保存されたマスターデータに各社員がアクセスして編集を行います。その際、誰かが編集を行っていると、他の社員がデータを更新できない場合があります。

情報の修正がしにくいためグループでの作業が難しく、必然的にエクセルの担当者は部署内で限定されることになります。そのせいで、病欠などでエクセルの担当者がいない場合、即時の修正が利かなくなることがありました。

バージョンアップするたびにインターフェースが大きく変化するのも困り物でした。過去のバージョンのエクセルは使えても現行のバージョンの使い方がわからない社員が多く発生し、社員教育に余計な手間を取らされました。