「市販のエクセル会計ソフトを応用することは困難」


エクセル会計は、非常に便利なものですが、特に、管理職、経営者層から見た場合には、エクセル会計にも不便な所が見受けられます。

例えば、いくつかの費目で、エクセル会計処理を行っていて、それらを統合して結果を出したいというような場合には、簡単には処理することが困難です。

特に、管理職、経営者層から見た場合には、個々の数値よりも、その結果が経営上に与える影響がどうかということが、必要になってきますが、そのような場合に、エクセル会計処理した数値を使って、別の経営数値を把握したいというようなことが必要になってきます。

しかしながら、エクセル会計で、特に、市販のエクセル会計ソフトを使っていたような場合には、経理の担当者に頼んでも、その別の経営数値を把握するソフトを作ることが、不可能と言っても過言ではないと思います。

というのは、市販のエクセル会計ソフトでは、ソフトの中味は、ブラックボックスのようになっているので、簡単にそのソフトを利用して、別のソフトを作るということができないということです。

このようなことから、エクセル会計で処理した数値を使って、別の経営数値を把握したいというような場合には、面倒でも、その数値を、新しく作成したソフトに、手入力する必要があり、すぐに、結果をみたいというような場合には、対応できないということになります。

また、エクセル会計で処理する場合の、一部の数値が変動した場合の、経営数値を把握したいと思っても、その都度、手入力が必要になり、折角のエクセル会計の利点が十分活かされないということになります。

不便でしたね。