「エクセル会計の不便な所」


最近では、経理関係の業務は、エクセル会計を使うことが多くなっていますが、エクセル会計は大変便利な半面、不便な所もあります。
特に、管理職、経営者層から見た場合に、エクセル会計においては、使っていていくつか不便な所があります。
エクセル会計においては、多くの計算式が使われていますが、計算式の内容は作った人にしか分からないというようなことがあります。

そのため、少し、フォーマットを変えようとした場合には、計算式の中味を良く理解しておかないと、変更した場合にどこまで影響するのか良く分からないということになります。

そのため、フォーマットの変更は、ほとんど出来ないといってもいいのではないかと思います。

特に、エクセルの数式を良く理解できない管理職、経営者層にすると、なぜこんなに簡単なことが、変更できないのと思うようなことでも、担当者にしてみると、変更するのが大変ということになります。

また、エクセル会計において、検討中のファイルを担当者が作成して、保存する場合がありますが、ファイルの管理番号または来歴番号をしっかりしておかないと、どれが最終版であるのか迷う場合があります。

特に、ファイル名が同じ場合には、作成年月日などをファイルに記載しておくこともありますが、管理職、経営者層では、ファイル名が同じのために、間違うこともあるのではないかと思います。
また、エクセル会計を使えない管理職、経営者層の場合は、エクセル会計において、少し数値を変更してみて結果を知りたいと思っても、エクセル会計を知っている担当者に頼む必要があり、直ぐに、結果を見たいと思っても時間がかかる場合があります。