帳票ツールの選び方、3つのポイントを押さえよう


Excel帳票はリスキーだから帳票は専門ツールやサービスを選ぶべきだ、ということは分かって頂けたかと思います。とは言えどんな基準で選べばいいんでしょうか。そこには3つのポイントがあります。これをチェックして「自分に合っているもの」を選ぶことをおすすめします。

  1. 導入規模
  2. サポート体制
  3. クラウド化の有無

ご興味のある方は、各コンテンツをご覧下さい。

3つのポイント目次

1.サービスごとの導入規模を把握する

探し方のポイントの1つは「導入規模」です。帳票管理系のサービスは、プリンターまで含めて完全制御する大企業・多数の拠点向け、たくさんの帳票が発生する特定業種向け、中小・小規模事業向け、個人事業主向けなど、導入規模が暗黙に決まっています。自社にあった規模のサービスを入れないと、費用が多大にかかった割に、それほど役に立たないという状態になってしまいます。

→「サービス事の導入規模を把握する」の詳細はこちら

2.サポート体制を確認する

製品にしてもシステムにしても、最も大変なのは「導入」ではなく「運用」です。特に、システムなどをはじめて導入する場合は、ここをきちんと行えるかどうかで、投資対効果が大きく変わります。そのキーポイントとしての「サポート体制」はとても重要です

→「サポート体制を確認する」の詳細はこちら

3.クラウド化しているかどうか確認する

クラウド化しているかどうかで大きく生産性は変わります。外から入力ができる、どこのパソコンからでも管理者は現状をすぐにチェックできる、こういったスピードアップにはクラウド化はかかせません。

→「クラウド化しているかどうか確認する」