目的別おすすめツール


帳票ツールは使う立場や法人・個人によって大きく向いているものが違います。

個人事業主の場合は、それほど帳票が多彩ではないので会計ツールとの辛味を気にしてトータルでの便利さを考えるべきです。逆に法人の方は何を求めるのか、を考えるべきです。

今の時代のながれでしたらキャッシュフロー経営です。いかに資金繰りをきちんと把握できるかどうかです。そこで、それぞれについておすすめのツールを集めてみました。

シチュエーション別おすすめツール

個人事業主の方向け

個人事業主の方、見積書と請求書と納品書があればいい、集計もそれほど重要視していない方は…

→ 会計ツールFreeの帳票作成機能を使うと幸せに

法人・大企業の方でコストは気にかけず安定第一の方

企業ユースで、きちんと導入したい方は、やはり専門のシステムの導入がお勧めです。多数ありますので、相見積を取って、提案を比較することをお勧め致します。

例えば以下の様な製品があります。

→ 帳票による業務効率改善ソフトウェアSVF製品一覧

法人・中小企業で迅速な経営を一緒に実現したい方

「中小企業にぴったり」を目指して、安価で使いやすく、経営判断やマネージャー判断がし易いレポート(入出金、資金繰り表、売上管理)また、営業マンが使いやすい名刺管理や受注、見積管理をクラウドで行えるSpreadOfficeがおすすめです。

純国産ツールで、カスタマイズ依頼も可能。価格もとても安価です。まずは無料プランで。

→ 中小企業に「ちょうどいい」SpreadOfficeはこちらから

 

いかに自分にあった物を探すかが大事です。選び方で悩んだ方は「帳票ツールの選び方」の記事も改めてご覧ください。