個人事業主なら、帳票簡易作成から青色申告まで簡単にできるFreeeがお勧め


個人事業主の場合は、帳票がそれほど複雑ではないはずです。

法人で発生するような「注文書」「注文請書」などは大概不要です。基本的には

  1. 請求書
  2. 見積書
  3. 納品書

があれば十分なケースが多いですね。見積もりを出して受注決定で請求書を出し、終わった次点で必要に応じて納品書を出す、などが多いですね。

こういった場合は、法人向けのような複雑な帳票管理を意識する必要はありません。

むしろ、青色申告までできる会計ツールとセットになっているものを選ぶべきです。

大事なのはクラウドベースかどうか

帳票ツールの選び方でも書きましたが、クラウドベースだとどこでも帳票を出力できるから便利です。個人事業主なら、外にいる時に見積もりを作りたいシーンも有るはず。迅速に柔軟な対応ができることが、フリーランスの1つの強みでも有ります。

そんな場合は、やはりクラウド化の有無が大事です。本格的に資金繰りや入出金履歴などを含めてきっちり行うなら、帳票管理ツールスプレッドオフィスがおすすめですが、そうでなければ、簡易的な帳票しか出ませんが、会計までできるFreeeがおすすめです。

cfo-web-top-305e977f203a5d5e7fa12f4d5a542aa31

全自動のクラウド型会計ソフト freee (フリー) なら
インストールの必要もなく、すぐに利用できます。青色申告や会社法に対応した決算書に対応しています。どこからでもアクセスできるというのはとって利ですよね。下手をしたらPDFで出力をしてその場で見積書を渡せます。

→ 個人事業主なら、会計までできるFreeeを無料で使う

Freeeの帳票関連の特徴

請求書を作って帳簿に登録

freee (フリー) で作成した請求書はその場で帳簿に登録されます。帳簿に記帳する必要はありません。いちいち請求書と帳簿を別管理する手間は不要。請求書さえきちんと出していれば自然と帳簿の方にも反映されていきます。これはとっても便利ですよね。

入金があると自動でマッチング

入金があると freee (フリー) は自動でマッチングを行い売掛金の消込を行います(オンライン請求書宛のみ)とにかく入金消し込みって大変ですよね。通帳の宛名と金額とを突き合わせて入金を確認するわけです。企業でも悩む部分です。これをある程度自動て行ってくれるというのは非常に楽です。

オリジナルの請求書が作れます

請求書にロゴや印影を付けられます。印影は必須ですからありがたいですね。PDFで印影付きで出力してしまえば、後はWeb郵便を使えば、郵送も簡単です。Freeeの方で美しいフォーマットを用意してくれていますから、数字を入力したら全部お任せでいけますね。

 

こんな風に、本格的な帳票管理をする法人でなければ、個人事業主ならFreeeで十分です。ぜひ、使ってみてください。会計(青色申告まで)もできて、とっても便利だと思いますよ。

それ以外にもたくさん便利な機能があるFreee、ぜひ無料で使ってみてください。